取扱説明書

準備の巻

お勧めの水

お茶に対して、一番重要のが水の選択。
水には硬水と軟水があり、軟水の方が茶葉の香りや味を引き出してくれます。ちなみに、日本の水道水は軟水です。
同じ水を使用し続けることが、お茶を美味しくための秘訣。

お湯の温度

沸騰したお湯(95℃~100℃)。
お湯の温度は台湾茶の美味しさに対して絶大な影響力になります。
お茶のアミノ酸(香り、旨み)を引き出すには95度以上の温度が必要。
お茶のポリフェノール(カテキン)を引き出すには100度の温度が必要。

茶葉の量

通常、50mlの湯に対し1gの茶葉を用います。つまり、200mlの湯が入る急須の場合、200÷50=4gとなります。

茶器

急須と湯呑茶碗を温めます。

淹れ方の巻

工夫茶

①温める:温めた急須に茶葉を入れる。
②洗茶(せんちゃ):沸騰したお湯を、急須の中に少量注ぎますが、これはすぐに捨てます。
③②を聞香杯に注いで香りを愉しむ。
(洗茶は茶葉の開き又は湯呑を温めため。)
④沸騰したお湯(95度以上)を、急須の中に注ぐ。
⑤約60秒ほど蒸すと、一番茶(一煎目)が得る。
⑥急須からお茶を茶海(別の湯呑み等)に移す。
 (毎回必ず1滴なく、茶海に移す)
⑦茶海から茶杯に注いでお茶を堪能する。
⑧二煎目以降は30秒ずつ長くする。(四煎まで)

煮出しても美味しい台湾茶。

茶葉をお茶パックに入れ、やかん等で煮出しても美味しくいただけます。
(2リットルで10g、約10分)

保管の巻

茶葉は乾燥食品ですので、基本的には長持ちします。 しかし、お茶の良し悪しを決める
「形・色・香り・味わい」は 時間が経つとともに変化します。
茶葉は、茶葉自体の含水量の変化や、光・温度・空気・臭いなどに 影響を受けて変質します。
これらの影響を受けて茶葉に含まれる成分が変化するので、 それに従って茶葉の色・味わい・香り・水色(茶湯の色)なども変化するのです。
特に香りは古くなればなるほど落ちていきます。 お茶は新鮮な内に飲んでしまうのが一番良いのですが、 適切な保存方法をとることで、茶葉の新鮮さを保つことが出来ます。

金属や紙で出来た茶缶、もしくは光を通さないビニールパックや アルミパックに入れて保存する
直射日光を避け、涼しい場所に保管、湿気を避ける
臭いの強い場所(冷蔵庫の中や洗濯機の近く等)に置かない

お茶の楽しみ方

一般的に台湾茶のイメージは【工夫茶】と連想させる。
実は、お茶を言うと8世紀頃唐の陸羽によって著された書物『茶経』(ちゃきょう 茶經)を話せないといけません。茶に関する最古の典籍であり、当時の茶に関する知識を網羅している。
その内容には、単なる喫茶法を超え、茶道に至る精神性を垣間見ることができる。

茶経は次に挙げる10章で構成されている。
一之源・・・茶樹についての説明
二之具・・・製茶器具の列挙・説明
三之造・・・製茶する際の注意事項
四之器・・・飲茶器具の列挙・説明
五之煮・・・茶をたてる際の注意事項
六之飲・・・茶の飲み方など
七之事・・・茶の史料の列挙
八之出・・・茶の産地
九之略・・・省略してよい器具
十之図・・・一~九までの文書を掛け軸に描いて、お茶の席い掛けて置くように勧めている
つまり、茶経は10章があるですが、本当のルールは9章だけ。
だが、ポイントは「九之略」、お茶の本来を楽しむのが一番大事。
器具やルールや作法等をこだわり過ぎると、本来のお茶自体を楽しむ事が忘れていく。